どろあわわ vs 然よか石けん、どっちがいち押し?-【毛穴ケア洗顔石鹸 確認型】

ホームページ >  > どろあわわ vs 然よか石けん、どっちがグッド?

どろあわわ vs 然よか石けん、どっちがお薦め?

お肌の状態で選ぶのが適切!

答えから先に言うと、お肌の状態でどちらが良いか変ります。
にきびや炎症でお悩みなら「よか石けん」、
それ以外手法は「どろあわわ」を選ぶのがナイス。
その理由は以下で説明する。

どろあわわ
どろあわわ
  • 本質

    主成分は、沈着力量の厳しいマリンシルト。粒子が細く毛穴の奥まで入りこみ、良い沈着力で黒ずみや皮脂汚れ、古くなった角質などを落とします。ますます沈着効力を上げるためにベントナイトを内包。毛穴の黒ずみやシミを取る洗浄力No.1。

  • ビューティー成分

    通常の美根源よりも分子のちっちゃい豆乳発酵液を合体。分子がしょうもないので素肌の奥までぐいぐい浸透し水気を与えます。ヒアルロン酸、コラーゲンなども配合し、思い切り保湿するので毛穴のたるみや差異などでお悩みのサイドにも勧告。

  • 総計

    初回限定で1489円。2回目からは2980円。ちょっと上げ。
    内側容積:110g

  • こんな顧客にレコメンド

    毛穴の黒ずみや汚れを思う存分取りたいそれぞれで、過敏肌などの大丈夫それぞれ。 細かい粒子の美元が浸透するので、どろあわわが推奨。 にきびや炎症など、皮膚に問題がある人はよか石けんを。

よか石けん
よか石けん
  • 特質

    主成分は火山灰シラス。火山灰シラスは毛穴よりも少なく付着力が良いので、毛穴の奥まで入りこみ不浄を敢然と受取。 黒ずみや皮脂不浄をキレイに落とすことができます。

  • ビューティー材料

    アロエファクター、ローヤルゼリーエキス、コラーゲンなどを混合。洗顔と同時に保湿し、肌のつっぱりをおさえます。 抗炎症効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外配慮なので、面皰表皮やナーバス表皮などのやつにも勧告

  • 売り値

    1890円。
    一つ容量:80g

  • あんなそれぞれにおすすめ

    抗炎症機能のあるグリチルリチン酸2Kを混合しているので、面皰や炎症を起こしやすいクライアントにおすすめ。 毛穴のしみをバッチリ落としつつ、にきびや炎症を帳消ししたいならコレ。 超敏感弱やアトピーの者はVCOマイルドソープの方が良い。


結局どっちが良いの?

肌荒れで選ぶ!

にきび人肌・炎症を起こしやすい人肌 → よか石けん
それ以外の中位皮膚 → どろあわわ